私の知っているハウスメーカー、ニッケンホームさんの紹介

更新情報・お知らせ

2019/5/22
サイトリニューアルしました。
2018/11/11
サイト開設しました。

平屋のメリット

2階建ての住居が主流の中、新築の平屋住宅を希望する世帯がここ最近増えて来ています。耐震性や使う資材の量などを考えると二階建てのコストの方が高いような気がしますね。新築の物件を購入するときに気になる費用面ですが、一体どのくらいの金額がかかるのでしょうか。敷地面積だけ考えると平屋のほうが広いからその分だけ土地代が高いのでは…など、いろいろと疑問は多いことでしょう。これは私の勘ですが、おそらく平屋では土地の面積が広くなるので土地が高い東京や千葉、埼玉、、又関西の方だと大阪や京都の都心部、愛知県で言うところの名古屋とかだと、下手をすれば、坪単価500万円とか1000万円とかとても高額になってしまします。その場合は、敷地面積を取る平屋の方が圧倒的にコストもかかるでしょう。つまりは田舎に住んでいる場合は、逆に平屋の方がコストは安く上がるという事になります。 又、二階建てや三階建てにする場合は、基礎の部分もしっかりと作らないと耐震やその他の災害などに耐えられません。 最近では法律もかなり厳しく、検査も定期的にあります。 それを考えると平屋の方が実は解体する時も便利です。 そういった意味で最近ではとても平屋が人気が出てきています。 岐阜の平屋は是非ニッケンホームさんで。 どう考えても、コスパは最強ですよ。

おしゃれな平屋をどうつくるか

最近はおしゃれな平屋が出てきましたね。 どちらかというと、昔は平屋といえばとてもおんぼろなイメージでいかにも純和風みたいな。 その代わりなんか柱もしっかりしていて頑丈、屈強なつくりをしているみたいな。 しかし最近では、そんなイメージを払拭するような、おしゃれな平屋も出てきました。 それがいわゆるニッケンホームさんで取り扱っているんですよ。

岐阜こそ平屋が向いている

近年注目を集めつつある平屋というスタイル。 いわゆる「和モダン」なスタイルとして、古臭くない、新しささえ感じさせるタイプも登場しています。 一方で、平屋はどうしても広い土地が必要です。 そもそも、2階建て、あるいは3階建ての家屋が多いのも、いわば決して広大な大地がある国ではないからこそ、工夫して「広い家」をと思ったからこその結果です。 だからこそ、岐阜のように広い土地があるエリアには「向いている」スタイルです。 平屋のメリットは多々ある 平屋のメリットはいくつかありますが、ワンフロアという点に尽きるのではないでしょうか。 ワンフロアということは、階段がありませんので、階段に割いていたスペースを、より有効に活用できます。 そのため、生活の導線が描きやすいです。家族団らんにもメリットを発揮してくれますし、老後も安心感があります。 2階建ての家屋は階段を上り下りしなければなりませんが、階段がない平屋であれば上り下りの必要性がありません。年齢を重ねて階段の上り下りが体力的に負担になってしまったとしても、問題なく日常生活を送ることができますので、「階段を上れなくなったので2階は倉庫にしている」といったこともなくなります。 自然溢れる岐阜には平屋がぴったり 首都圏、あるいは日本を代表する都市部では、どれだけ平屋が魅力的だと分かっていても、地価の高さから現実的には難しいことでしょう。 しかし、自然溢れる岐阜であれば、首都圏・都市部ほど地価は高くはありませんので、平屋スタイルもぴったりです。 むしろ自然溢れるエリアの雄大さをこれでもかと実感できますし、マイペースなライフスタイルとの相性も抜群なのではないでしょうか。

セカンドハウスとして岐阜で平屋に住もう

子育ても一段落し、後はゆったりと老後を暮らしたい。そんなご夫婦には、セカンドハウスがおすすめです。 建て替えとなると、それまでの家屋の思い出そのものも壊してしまいますが、セカンドハウスであればそれまでの思い出が詰まったマイホームを壊す必要はありません。 また、セカンドハウスだからこそ、利便性や合理性を追求するのではなく、他生の遊び心を発揮してこれまでにはないスタイルを楽しむことも可能です。 だからか、近年セカンドハウスでは平屋の人気が高まっています。 合理的ではないかもしれないけど、でも住んでみたいスタイル 2階の戸建てと比べると、平屋はある意味贅沢です。 狭い敷地に建蔽率ギリギリで建物を建てる戸建ては、ある意味合理性の追求です。狭いながらも広いと感じさせる生活をというコンセプトが、限界のない「上空」方向に建物を伸ばすことになりました。 しかし、2階、あるいは近年見かける機会が増えているペンシルハウスのような3階建ての場合、合理的であることに異論はありませんが、実際にはワンフロアが狭くなるので、「広々とした空間」とは言い切れないでしょう。 その点、平屋であればワンフロアなので、まさに「広々とした空間」となります。ある意味、贅沢と言えるのではないでしょうか。 階段は次第に負担になる 2階建て戸建てに必ずあるものがあります。それは階段です。階段がなければ2階、あるいは3階にアクセスできません。階段があるからこそ、2階、3階が「有効なスペース」になるのですが、階段の昇降運動は年齢と共に負担になるのも事実です。 ましてや狭い土地の場合、土地を有効活用するためにも階段の角度を急にしなければ、他のスペースを確保できなくなりますが、急階段であればあるほど、昇降運動の負担もまた、大きなものとなってしまいます。 その点、ワンフロアであれば階段がありませんので、年齢を重ねても、体に負担のない生活を送ることが可能です。

岐阜では平屋がおすすめ

魅力溢れる街が多々ある岐阜でマイホームをと考えた時、平屋を検討してみてはいかがでしょうか。 実はそこには様々なメリットがあり、且つ時代のニーズにも上手くマッチしていることが分かります。 将来性という点を見据えて 平屋の特徴として、「階段がない」が挙げられます。 そのため、階段部分を上手くスペースとして活用できますので、実際に住んでみると、狭さを感じないどころか、ワンフロアの解放感から、広々とした雰囲気を味わうこともできます。 また、ワンフロアなのでバリアフリー設計も行いやすいですし、階段の昇降運動もありませんので、高齢の夫婦にとっても負担のない生活を送ることができます。 2階建ての戸建ての場合、上方向にスペースを確保することになりますので、狭い空間ではあっても実質的なスペースはそれなりに確保できます。 しかし、階段を使用しての昇降運動になりますので、年齢とともに大きな負担になることが予想されるだけではなく、敷地面積が広くはない場合、階段の角度が急になるので、若い夫婦や家族であってもそれなりに負担を強いられるというケースが珍しくありません。 自然との調和という点でもマッチする 岐阜は自然溢れる魅力的な街ですが、そんな街並みとの調和も抜群です。 もちろん2階建ての戸建ても魅力的ではありますが、のんびりとした時間を過ごしたいと考えている方にとっては、平屋の持つ「ゆったりとした雰囲気」「圧迫感のない生活」は、理想とマッチしているのではないでしょうか。 そもそも2階建ての戸建てはゆったりよりも合理性を追求したものです。 狭い敷地ではあっても、建物を有効活用することで実際の土地以上の広さをといったコンセプトが含まれていますが、2階がないからこそ、ゆったりとした空間を持つ平屋は、自然との相性も抜群。ゆったりとした優雅な時間を過ごすにピッタリのスタイルです。 将来的なことも踏まえると、検討するだけの価値はあるのではないでしょうか。

岐阜に平屋の家を建てる。

この目標を掲げて3年目。住み慣れた岐阜でようやく実現できそうになってきました。 どうして平屋を?と思う方もいると思います。最近の岐阜でも、平屋の家を多く見るようになっていきました。そこで平屋について興味を持ち始め、調べるうちに、もちろんデメリットもありますが、それに負けないメリットもいくつかあると考え、魅力的に思えてきたのです。 一番は家族間のコミュニケーション の取りやすさ。広い空間が広がる平屋では、家族が自然と集まりやすくなる場所が得られるのではないかと思いました。今時の子供は、「ただいま」から部屋にこもってしまいがちなのですが、平屋では子供に目が届きやすくなり、家族の気配を感じながら暮らしていけることができるのではないでしょうか。  また、階段がないということも子供が安心して暮らしていくことができる利点だと思います。段差があれば上りたいと思う年齢のお子さんがいれば、そのような不安を抱くこともないでしょう。  もちろん老後も安心です。バリアフリーともなれば、足腰にも負担がかかることなく、ゆったりとした生活ができるでしょう。  平屋と言うのはまだ子育てを始めたばかりの家族、思春期を迎えたお子さんがいる家族、色々な家庭に対して温かく、優しい家になるような、そんな気がします。