SAMPLE SITE

岐阜の平屋

駆け出し建築家から考える平屋とは 私は岐阜の会社に勤めています。どんな会社かというと建築デザイン、設計を行う会社です。私はまだ駆け出しなので簡単な仕事しかやらせてもらえませんがこれからもっと多くの仕事をこなし最終的には家一軒の設計とデザインを任せてもらえるようになりたいと思っています。最近岐阜では平屋の家が流行っていて先輩も平屋のデザインを頼まれていました。デザインしたものを設計する、簡単なようでかなり難しい事でもあります。昔のような家ならそれ程難しい事ではなかったのですがここ最近はお客の要望を生かして家のデザインを行う、そこに平屋の家のデザインの難しさはあります。何故かというと設計的に不可能だという要望も結構あるからです。しかし直ぐにそれは無理ですと言ってしまえばお客様の意見を聞く意味は無くなります。なので出来る限りの要望を聴きながらデザインを行い設計につなぐ、そして設計が出来ても施工の段階で不可能という事にならないものを設計しなければならないのです。逆にそこまでするから平屋の家は人気となり、岐阜の多くの人々が平屋の家を選んでくれるのです。年内だけでかなりの数の平屋の家が建つことになっています。スタイリッシュでお洒落な平屋の家がこの岐阜の至る所でお目見えします。
お隣さんの家がお洒落な平屋になった 最近岐阜市内には平屋の建物が目立つようになってきました。平屋と言ってもただの平屋ではなくとてもお洒落なデザインの平屋の家です。民家となっている平屋の家もあれば、どこかの会社の事務所になっている平屋の家もあります。様々な形で岐阜には平屋の建物が目立つようになりました。岐阜市内ではちょっとした流行りになっています。うちのお隣さんも家の建て替えを行い平屋の家を建てました。スタイリッシュでお洒落な平屋の家です。あまりにも我が家との差が激しくて母が父にうちの家は隣の家の引き立て役みたいだね、と一言、父はじゃうちも建て替えるか?といいました。母は想わぬ返事に顔をほころばせながらそうしよう、と返しました。意外と簡単に我が家の建て替えは決まりました。それからというもの母はあちらこちらへと飛び回るようにして家の建て替えの準備に毎日時間をついやしています。母も自分の言った事から出た結果なので仕方ありません。それでも母はニコニコ顔で毎日を送っています。余程嬉しいのだと思います。そして引っ越しの準備をして仮住まいのマンションに引っ越しです。我が家も建て替えが始まりました。一月ほどで新築の平屋の家が出来上がります。
弟夫婦の新しい家 私は岐阜に住むOLです。両親と私の3人暮らしです。弟がいるのですが結婚して名古屋市内で暮らしています。その弟夫婦なのですが先月家を建てたのです。その家が今流行りの平屋の家、スタイリッシュでお洒落な感じの外観は良い感じです。私たち家族は弟の家に呼ばれて見学させてもらうと広々とした空間が広がり天井は平屋とは思えないほど高く圧迫感など微塵も感じさせない空間でした。私は何でこんなに広々空間を味わえるのだろうと素朴に考えたのです。その答えは壁にありました。壁がよく見るとほとんどないのです。一部分で必要最低限だけあるだけで後は筒抜けなのです。考えてみれば通常の家なら壁に始まり壁に終わるという構造になっているのですがそれが真逆なのですから広く見えるはずです。家具も買い替えてお洒落な家具を揃え軒下にはベンチ風のブランコがあり子供が喜びそうな造りになっています。庭も広めで洗濯物も十分干せるスペースがあります。とにかく開放感のある平屋の家です。帰りに両親が私達もあんな家で暮らせるといいなぁ、と話していました。私はそれを聞いて家も建て替えようか、と聞くと父がいいねぇ,と答えました。我が家もどうやら平屋の家に目覚めたようです。
家族皆でデザイン ここ最近岐阜の街に多く見られるようになったのが平屋の家です。住宅街にちらほらとですがお洒落な平屋の家が建ち並ぶようになりました。その光景は通り掛かる人の目を盗んで止みません。そしてその後溜息を一つ吐き、いいなぁ、こんな家に暮らしてみたいと溢すのです。そこで岐阜に住む我が家も建て替えを検討し平屋の家に関してネットで検索してみました。すると意外なことが判明します。それは平屋の家の建築に掛かる費用ですが意外と安いのです。安いと言っても限度がありますが普通に家を建てるのと変わらないのです。これは意外でした、そして家族に報告するといいねぇ、と皆が一斉に頷きました。これで平屋の家への建て替えに一歩前進しました。そこからもっと掘り下げて調べると家の建築に使う素材も選ぶことが出来どんなデザインの家にするかも意見することが出来るのです。色々なパターンを検討しながらデザインを決められるので私達も楽しみながら建て替えを進められます。そして色々検討した末に来月工事着工となりました。長かったようであっという間でした。秋には私達家族が選んだ平屋の家がこの岐阜の地に建ちます。楽しみでなりません。
岐阜に家を建てることになりました。 首都圏より異動になり、この度岐阜の地に家を建てることになりました。 引っ越しをする前は、家の購入なんて夢にも思っていなかったのですが、高い買い物とはいえ、岐阜ではやはり土地がお値打ちに感じます。  以前はマンションの一室の賃貸でした。その時に思ったことが「平屋の家に住みたい」ということでした。マンションですので、家の中に階段はありません。ワンフロアの中で生活していると、階段のある家というのはあまり考えられなくなってしまいました。洗濯を終えて、バルコニーで洗濯物を干す・洗濯物を畳んでしまう・布団を干す・掃除機をかける、どの家事をするにしても平屋に住むことができたらどれだけ楽に過ごせるだろうかと考えました。それならマンションでもいいのではないかと思うかもしれませんが、上層階に住めば車までの距離はある、そして平屋にすれば庭もできる。なにより上層階がない平屋では広い空間を感じることができます。 生活の動線を決めるというのはやはりとても大切なことで、一日に何度もする、毎日の繰り返しの家事をいかに効率よく進めることができるのか、そう考えたときに平屋はとても魅力的に思えてくるのです。どんな動線にするのか、1から決めていくことは大変ですが、同時にとても楽しみでもあります。
岐阜で平屋を建てるにあたって大切なこと まずはどの住宅メーカーにするのかによります。やはり有名なところが安心かもしれませんが、私の友人から聞いたことは、担当者の一生懸命さも決め手の一つになるということでした。平屋だけではなく、すべての家を建てることに共通していますが、一生に一度の大きな買い物なので、妥協はしたくない・でも予算は限られている。そのようなときにどのように考えてくれるのかも大切だということです。最初から「これでは無理です」と言われてしまっては元も子もありません。「では、これをこちらに変えて・・・」、「ほかに何かいい方法を次回までに考えます」などなるべくお客様の要望に応えようと努力してくれる姿勢も、お客様からしたら信頼に変わっていきます。 岐阜だけではなく、全国的にもよく見かけるようになった平屋。あらゆる住宅メーカーさんも色々な知識を持って我が家に来てくれますが、自分の理想だけをメーカーさんにぶつけるだけではなく、今まで経験してきた住宅でのお話も知識のない私からしたら大切な情報源です。後悔しない家を建てるためには、住宅メーカー選びもとても重要ですが、あらゆる可能性を考えて一つ一つ決めていきたいものですね。
岐阜で平屋を建てたその理由 最近私の友人が岐阜に平屋の家を建てました。私のまわりには平屋を建てた友人があまりいないので、なぜ岐阜の土地で平屋を建てたのか聞いてみました。 やはり一番の理由は、友人の妻の希望。生活動線をいかに楽にできるか、という考えだそうです。友人家族はまだ小さなお子さんがいて、例えば洗濯物を干すとき、子供を1階のまま2階へ行って洗濯物を干さないといけない。そう考えたとき、何が起こるか分からないと一番に思ったそうです。これから子供が大きくなれば、そういった不安もなくなるでしょうけど、2人目・3人目となったときにまた同じ不安を抱えなければいけないと思うと、2階建てよりは狭くなってしまうけど、平屋のほうが安心して過ごせると思ったことが決め手だったそうです。 長い目で見ても、平屋がいいと思ったようです。子供が大きくなり巣立った後は、夫婦二人でゆったりと安心性手生活していけたらとのことです。階段があると、足腰にも負担は大きい。少しでも危険を取り除ければと思ったそうです。 今まで「平屋」というキーワードすら頭に思い浮かんだりしなかった私ですが、友人の話を聞いて興味を持ち始めました。まだまだ「家を建てる」なんて先の話かもしれませんが、視野を広く、色々な人の体験談など聞いて後悔しない家づくりをしていけたらいいなと思います。